浮気の証拠や不倫の証拠をスムーズに取得

もし、あなたが浮気や不倫の証拠を欲している状況に陥り、パートナーと将来的に離婚を想定しているケースならば「安易にパートナーに浮気や不倫の事実確認」をすることは絶対的に回避するべきでしょう。

浮気の証拠や不倫の証拠をスムーズに取得するために必要な条件は「対象者に気付かれる事無く水面下で調査を実施し証拠を取得」することがベストと言えるのです。

仮に浮気の事実が過去に表面化しており、夫婦間の信頼関係が低下している状況下で「浮気の証拠を取得するための調査」を実施したとしても「対象者の警戒」が大なり小なり存在し、困難な浮気調査となってしまうものなのです。

このような状況下での浮気調査は様々なリスクが発生する可能性が存在し、最悪のケースでは浮気をしいる当事者に警戒され調査が実施不可能となってしまうこともあるのです。

浮気調査を実施するタイミングとしては上記状況での焦った判断からの強引な浮気調査は回避すべきと言えます。

少々の時間や期間を要しても「不安要素を回避」して「充分な調査プランを練り」高確率と判断できるタイミングでの浮気調査を実施することが望ましいと言えるのです。

連日、やみくもに浮気調査を実施してもリスクばかり高く内容の薄い調査結果しか得られない状況となってしまい、調査を実施するタイミングを逸脱していたと後に気付くこととなってしまうのです。

・浮気調査を実施する目的を持つ

たった一度の浮気であっても「浮気の証拠を取得」されてしまっては謝罪しなければならない状況と多くの方は判断できることでしょう。

取得された証拠の内容によっては「慰謝料請求」(損害賠償請求)される可能性も否定できません。

パートナーが浮気をしてしまった事実を後悔し謝罪・反省するならば「浮気を制止」できたと判断できることでしょう。

そして、ご依頼者が探偵に実施させた浮気調査の目的は完遂したと判断できるでしょう。

浮気調査をご依頼する人物の多くは「浮気調査を実施する目的をもって」探偵にご相談されることが少なくありません。

上記のように「浮気を制止させることを目的」にご相談される人物であったり、長年の夫婦生活に終止符を打つことを目的に浮気調査を実施されたりと様々なのです。

稀なケースでは浮気相手に対して気が済まないという怒りの感情から浮気調査を長期間実施されるご依頼者も存在します。

このような場合には「浮気調査の目的は薄い」状況で調査が繰り返されることは言うまでもありません。

浮気調査を実施する目的が明確に存在しないご相談者やご依頼者は「浮気調査で何を知り得たい」のか具体的な状況が存在しません。

日々繰り返される浮気調査において「結果が存在しない浮気調査」は調査を終える判断材料が存在しないのです。

このようなご依頼者様は「探偵の調査で知る事実に依存」してしまって調査を繰り返してしまうとも言えるのです。

・浮気の証拠や不貞の証拠を有効に最大限利用する

浮気の証拠が存在することにより、「パートナーとの関係が改善」されることは十分にありえることでもあります。

やはり、浮気という行為は「パートナーに対する完全な裏切り行為」ですので、浮気の証拠を持ってパートナーを説得するケースと証拠を持たず感情に任せて説得するのでは、パートナーの対応に天と地ほどの差が存在するものなのです。

浮気をしていた事実を証拠として保持し、「どの程度の証拠を取得されているか?」知り得ないパートナーと浮気相手の不安は計り知れないと言えるのです。

当然の流れですがパートナーと浮気相手が開き直らない限り、ご依頼者は多くの主導権をもって「浮気問題に対峙できる」と言えるのです。

探偵や興信所を利用し「浮気の証拠や不倫の証拠」を得る意味をあらためて実感していただけることとなることでしょう。

ページのトップへ戻る