探偵の調査力の判断材料

探偵や興信所のウェブサイトや広告を見ていると、「調査力」という言葉がよく使われていることにお気づきになられるのではないでしょうか。

そしてどこの場合も自社の「調査力が高い」という表現を使っていることが多いですね。

しかし、相談や依頼をする側からしてみると本当にその探偵事務所の調査力が高いかどうかは依頼してみるまでわかりませんよね。

実際のところ、探偵事務所側からこの調査力の高さを証明する手段はありません。

何故かと言えば、もし調査力を計るとすればそれぞれの探偵・興信所の調査や報告書を検証する必要がありますが、探偵には「探偵業法」による守秘義務がありますので、調査に関する情報を正当な理由なく第三者に提供することはできないんですよね。

なので「調査力が高い」などと言っても「全てただの自画自賛である」と言えるでしょう。

しかし、依頼する側としてはやはり「調査力の高い探偵に依頼したい」と思われる方も多いでしょう。

ということで、探偵事務所の調査力をなんとか判断してみる材料について書いてみたいと思います。

調査力の判断材料

㈰営業年数が長い

やはり長年続けてこれた探偵事務所や興信所はそれなりの調査力があると考えることはできます。

しかし、探偵業界では営業を続けていくにはまず「資金力」「宣伝力」が最も重要であり、調査力があれば生き残れるものではありません。

実際に老舗と言っても良い探偵事務所の中にはトラブルで依頼者から数多くの苦情を受けているところもあったりします。

また、調査の方法も以前に比べて少しずつ変化してきており、旧態依然の考えで現代の調査を行っている探偵事務所もあるかもしれません。

このように、営業年数が長いことは調査力が高いことと同じではないので多少の参考材料に留めておいて下さい。

㈪調査に参加可能な人数が多い

浮気調査など尾行を行う調査契約においては「調査員は2名」というのが業界の平均的なところでしょう。

ですので多くの探偵事務所が2名での調査を行っているはずですが、ここで調査員を3名・4名と増やせば他社より高い調査力を発揮することも可能になります。

調査員の数を増やすことは、調査力が上がるということに関しては間違いのない方法といえます。

但し、人を多く使うということはそれだけ人件費がかかるということであり、調査人数を増やすことはたいていの探偵事務所で可能なことです。

結局のところ、調査人数を重視するか、費用を重視するか、という考え方になるかと思います。

㈫可能な調査の種類が多い

普通に考えれば、できるだけ多くの調査を業務としている探偵事務所の方が調査力があると考えられます。

但し、特定の調査や一部の調査だけを得意としている探偵事務所もありますので、これも一概には言うことはできません。

多くの調査が可能だからと言って、その探偵事務所に素行調査を依頼したら満足いく調査内容ではなかった、ということもありえます。

㈬本社以外に支社や支部がある

できるだけ全国各地に支社や支部があるほうが広範囲にわたる調査力を有していると言えるかもしれません。

しかし、探偵業では表向きは支社のように見えてもフランチャイズ方式を採用しているところが多数あり、フランチャイズ方式の場合はそれぞれで独立採算制となっています。

ですので、そういったフランチャイズの探偵事務所が本部のために無償で働くなどということは原則としてありませんので、全国に展開していようがそれぞれが別個で動くため調査力が高いということにはなりません。

ページのトップへ戻る