自分で浮気調査を行うリスク

探偵に浮気調査を依頼しようとして、ネットで調べてみると「思ったより料金が高い」「高過ぎる」等とお思いの方も多いのではないでしょうか。

こんなに料金がかかるなら「自分で浮気調査した方がよいのではないか」と考えてしまう方がいらっしゃるのも理解できますし、その数も決して少なくはない数なのではないかと思います。

しかし、プロの探偵が行っている浮気調査をご自身で行うことは、非常に大きなリスクがある行為です。

これは後で知ってもほぼ手遅れとなってしまうことなので、敢えて具体的に書いてみたいと思います。

尾行・張り込み・撮影

浮気調査には主に以下の3つのポイントがあります。

㈰「浮気相手の有無を確認すること」

㈪「浮気の証拠を撮ること」

㈫「浮気相手の素性を調べること」

上記は全て「尾行」「張り込み」「撮影」を用いて行われます。

探偵はこれらの訓練を積んでおり、仕事として日常的に行っている存在、いわば尾行・張り込み・撮影のプロです。

但し、依頼者の方々にはそれらの実力を目にする機会がないので、実際のところそのプロの実力がどの程度のものかは実感しにくいことでしょう。

むしろ「素人の自分でもやれるのではないか」くらいにお考えになるかもしれません。

しかし、その点を差し引いたとしても、探偵と浮気調査の依頼者には決定的な違いがあります。

それは「配偶者に顔を知られていない」ということです。

尾行・張り込み中には対象者に接近したり、すれ違ったりしなければならないケースがいくらでもあります。

浮気相手とは家族・同僚・知人等にバレないところで会う、というのが浮気する人の常套手段ですから、いるはずのない場所で自分のパートナーが近くにいたらどう思うでしょうか?

そして、姿を認識された時点で尾行・張り込みは継続できなくなります。

上記㈰㈪㈫のことを一日の調査で行わなければならないケースは多く、マスクやサングラスで変装したとしていたとしてもよく知っている相手にバレない保証はありません。

1つ言えるのは「自分で尾行・張り込みを行って配偶者にバレてしまった」という方が少なからずいる、ということです。

なぜ手遅れになるのか

浮気調査の失敗にはいくつかのパターンがあります。

㈰尾行中に対象者を見失う

㈪張り込み中に対象者を見逃す

㈫証拠取得のチャンスを逃す

㈬調査がバレる

上記のうち、㈰㈪㈫はまだ取り返しのつく失敗です。

但し、探偵は仕事としておこなっているので簡単に失敗するわけにはいきません。

尾行・張り込み・撮影の訓練をしているということは、これらの失敗を防ぐということでもあります。

失敗が起こらないような対策を事前に考えて準備し、いざ失敗しそうな状況でそれを察知できるのもプロたる所以なのです。

話を戻すと、上記㈬の失敗だけは取り戻すことが難しい失敗です。

調査がバレて警戒されてしまうと、普通にできていた尾行や張り込みが不可能になります。

むしろ浮気相手と会うのを辞めてしまい、そもそも証拠取得の機会が失われてしまうことになるのです。

プロではない、対象者によく知られている方が尾行・張り込みを行うと、探偵が調査を行うより㈬の失敗のリスクが格段に大きくなります。

㈬の失敗を恐れていると、おそらく㈰㈪㈫の失敗が頻繁に起こるでしょう。

選択肢は3通り

上記のリスクをご考慮していただいた上で、取れる選択肢は3つほどあるのではないでしょうか。

㈰やはり自分で浮気調査する

㈪知人に浮気調査を頼む

㈫プロに浮気調査を頼む

ちなみに浮気調査を業務としているのは現在のところ探偵(興信所)のみであり、その他の業種は浮気調査を業務とはしていません。

また、知人という選択肢は存在しても、実際に引き受けてくれる知人がいるのかどうか、

その知人への報酬はどうするのか、その知人が失敗した時にどうするのか・・・

大きな労力と時間を使いご自身で行うか、代わりに浮気調査をしてくれる知人を探すか、やはり探偵に頼むのか?

リスクを天秤にかけてお考えになる必要があるかと思います。

ページのトップへ戻る