浮気調査の相談

浮気にお悩みの方が浮気問題を解決するために探偵に相談することを考えたとします。

しかし、初めて探偵に相談する方の場合、どのように相談すればよいかわからないのではないでしょうか。

「まず相談してみる」という方もいらっしゃるかもしれませんが、相談する前に用意・準備しておいた方がいざ依頼する探偵事務所が決まった時に慌てずに済みます。

探偵に浮気調査の相談をする際のポイントをまとめてみました。

浮気調査相談のポイント

(1)浮気調査をしたい対象者の情報と顔写真を用意する。

・プロフィール

対象者の情報とは「氏名」「住所」「勤務先」などのプロフィールです。

中でも上記3つは最低限必要な情報となりますが、「身長」「体重」など容姿や風貌に関する情報、さらに「使用車両(ナンバー)」など移動手段に関する情報も必須の情報と言えます。

・顔写真

浮気調査は基本的に調査員による尾行・張り込み・撮影で行われます。

最初に対象者本人を特定しなければ尾行ができませんので、対象者の顔を知らない調査員のために「顔写真」が必要となります。

重要なのは、できるだけ「現在の風貌に近い顔写真」を用意することです。

中には10年前の写真などを持って行ってしまう方もいますが、人間は10年もたてばずいぶんと風貌が変わってしまいます。

いくらプロの調査員でも初めて見る人間が写真の風貌と異なりすぎると特定に失敗する可能性が高くなります。

新しい写真を用意できない事情がある方もいらっしゃるでしょうが、何の断りもなく古い写真を用意するとのちのちトラブルの元となります。

古い写真なら具体的に何年前のものなのか、現在を知っているならどのような風貌に変わっているのかを詳しく説明したほうがよろしいでしょう。

(2)浮気調査をしたい日時を考えておく

探偵事務所によってそれぞれ違いはありますが、浮気調査は基本的に「時間」「日数」で費用が決まります。

毎日長時間の調査を依頼すると一週間くらいでかなりの費用がかかってしまうでしょう。

なので、対象者の動きが怪しい時間はいつだったのかを思い出してみてください。

浮気を怪しんだきっかけが何だったのか、浮気しているならどの時間が可能性があるのかをよく考える必要があります。

中にはカウンセラーと称すような人間が無意味に1か月間などの長期契約を結ばせようとしてくるので注意が必要です。

(3)相談する探偵事務所の料金表を事前に確認しておく

浮気調査の料金は大抵の場合、探偵事務所のウェブサイトに掲載されています。

実際に探偵事務所に相談する前に料金表で料金を確認しておいた方がよろしいでしょう。

相談してから高い料金だった、などというのは、依頼する探偵事務所を選ぶ上では効率が良いとは言えません。

また、どんなにウェブサイトに良いことが書いてあったとしても、わかりやすい料金表を掲載していない探偵事務所は選択肢から除外した方がいいです。

料金表の掲載がない探偵事務所はそもそも論外です。

(4)料金表を確認したうえで大まかな予算を決めておく

浮気調査が実際に思ったように終わるかどうかはわかりませんが、ご自身がいくらまで出せるのかというのは計算して考えておいた方がよろしいです。

何も考えずに勢いで調査を依頼してしまうと、予想以上の高額請求でトラブルになるということも考えられます。

悪質な探偵が実際にいるために探偵・依頼者間のトラブルでは探偵側が悪く言われがちですが、中には依頼者側に問題があるケースもあり、全てがそうだとは言えないのです。

ページのトップへ戻る