不倫に陥る職業

過去に「不倫は文化」と言った芸能人もいましたが不倫現象は現在も更に増加しています。

特に女性(妻)の不倫が多くなってきています。

妻の不倫調査ではここ10年くらい前より顕著に増加している事が探偵社の統計にでも出てきています。

また女性週刊誌などでは不倫アンケートをした結果、過去に不倫経験のある妻や現在も不倫を継続している妻は驚くことになんと4人に1人という結果が出てきています。

ある学者によると不倫や浮気願望は性欲によるもので「ストレス×生存欲求=性欲」という方程式を発表していました。

その学者によると重度のストレスがあり、死に直面するなど場面が多くある仕事に携わっていると男女問わず、性欲が強くなり、既婚者は浮気や不倫に走るというのです。

その典型的なのが病院という職場で働く医師や看護士だそうです。

人の命を預かり、何事にもちょっとした失敗も許されないという重度のストレスがのしかかり、懸命の医療処置にもかかわらず、亡くなる人を目にする事が多いという環境に身を置く事で生存欲求が起こり、不倫に走る人が多いらしいのです。

確かに浮気調査や不倫調査で調査対象者やその不倫相手が医師や看護士という職業が多いのにも探偵業界では周知の事実です。

実際、1年間位、浮気調査を経験した新人探偵でも医師や看護士を調査対象者や浮気相手として調査した経験は絶対にあるはずです。

その学者によると次に多いのが老人ホームなどの介護施設職員だといいます。

介護職は重労働の割に賃金も低く、ストレスの多い職場といわれ、離職率も社会問題となっているほどです。

そして入居者の死に直面する事も多々あり、前記の方程式に当てはまるらしく、確かに浮気調査では調査対象者の多い職業の一つです。

また死に直面する事は殆ど無いのですが保育士や教職員も重度のストレスを抱えている為か不倫が多い職業として上位に上がっています。

担当クラスの成績や生徒の非行やいじめの問題、最近、いろいろと問題となっている保護者によるモンスターペアレントの対応などやはりかなりのストレスがあるみたいで、教職員同士や保護者などとの不倫関係が多く見受けられている状況です。

いずれも共通している事は配偶者が対象者の持つストレスをなかなか共有できないことも不倫に陥る起因のひとつなのかもしれません。

しかし、医者や看護士、教職員など、世間では「聖職者」と言われる職業ですが実際に浮気調査や不倫調査の結果、不倫や浮気が多いのは事実として上がってきており、大変失礼なのですがある意味、「性職者」と呼ばれる職業であるのかもしれません。

正直、探偵を職業としている人の話では聖職者の裏の顔は動物的な要素が強い人種かもしれないとの声も聞かれていました。

よく合コンとかでも看護士さんや保育士さんをしている女性は落ちやすいという軟派男性の声も聞かれています。

結婚し家庭を持っている女性でもそのあたりは余り変わらないのかもしれません。

これらはある学者による説の一部であり、その真偽は定かではありません。

もちろんごく一般的な仕事に携わっている人も不倫をしている人も大勢います。

強いて挙げれば、時間と金銭にある程度の余裕のある人に多いのは致し方ありません。

金銭的に余裕がなければ不倫するにも相手との楽しい一時を演出するのもままならず、仕事上や配偶者の監視などで拘束されている時間の多い人にはなかなか不倫をする時間を持てないからでしょう。

現実問題としていたしかない事実ではありますがこの点については男性側に言えることで女性の不倫については金銭的な問題はそれほど関係ありません。

不倫をしている相手男性に金銭的な部分は援助して貰ったり、委ねられるというケースが多いからです。

この点では女性の方が不倫し易いのかもしれません。

もし配偶者が人の命に関わる職業に就いていて、更に金銭と時間に余裕があるのなら不倫をしている可能性は一般の仕事をしている人よりかなりの確率で高いのかもしれません。

ページのトップへ戻る